合宿免許で免許を取るのは、基本的に誰でもOKです。

自動車の運転免許は18歳以上であれば取得できますので、合宿免許に入校する時に18歳になっていなくても修了検定までに18歳になるのであればOKとしているところが多いです。

ただし、自動車学校によって入校日に18歳になっていないといけない場合もあるので確認しましょう。

では、30歳や40歳以上、あるいは50歳を過ぎてから合宿免許に行くのは大丈夫なのでしょうか。

合宿免許というと若い人が多いので、中年のおじさん、おばさんは気がひけるなぁという声もあります。

いや、若い人と一緒に頑張りたい!という人はどんどん行ってもらって大丈夫なのですが、どうしても行きにくいというなら年齢制限を設けている合宿免許を探すと良いです。

ミドルシニア保証プランというコースを設けている自動車教習所があります。

これは30歳から65歳までの人が申し込みでき、教習代金、宿泊代、食事代など全て込みの値段で25万円くらいから30万円くらいまでとなっています。

シニアの合宿免許は、いつでも受付というわけでなく、各教習所が日程を設定しています。

日程は決まってしまいますが、同年代の人たちと一緒にできるので、楽しく過ごすことができるでしょう。

免許が取りたいけれども年齢が・・・と言う人でも、これなら65歳までOKなのでチャレンジしてみてはいかがでしょう。

このプランなら、追加料金の心配もありませんので安心して申し込んでください。