合宿免許に参加した際、やっぱり不安になるのが、ずっと一人ぼっちでは無いかということだと思います。

そういった不安がある方におすすめなのが、思い切って相部屋のシステムを取っている合宿免許に申し込みをしてみるということです。
一人部屋の場合だと、自分の空間が保たれるという利点はありますが、自由時間中は、自分から積極的に外出して人に話しかけないと、関係を築くことはできません。
しかし、相部屋であれば常に自分の側に誰かいるので、合宿期間を通じて、嫌でも話をすることになります。
ただ、気の合わない人と相部屋になってしまうというリスクがあることについても理解しておきましょう。

運転が下手で、なかなか次の段階に進めない、このままでは期間内に卒業できないのでは無いかといったような不安を抱える人は少なからずいると思います。

そういう不安のある方は、まず申し込む際にプランを確認しておきましょう。

基本的に、期間内に卒業できなかった人が教習所や宿舎に残るとなれば、その分の延長料金を支払うという形になりますが、プランによっては、期間内に卒業できなかった人でも延長料金がかからないようなものも存在しています。

教官が怖い、または、横柄で不親切な場合についてですが、これはもう正直に教習所の窓口に相談をしましょう。

こちらはお金を払って教習を受けに来ているお客さんなので、その教官を自分に当てないようにしてくれる等、何らかの対処をしてくれるはずです。

また、どうしても不安がある場合は、合宿免許の申込時に、教官が嫌だった場合はチェンジしてくれるのかといったようなことを、あらかじめ確認しておきましょう。

ただ、こういった怖い教官や、横柄で不親切な教官等は、昔に比べたら減ったと言われています。